FC2ブログ

ザゲ川ほっちゃ釣り

鍋スペイ教官
 画像は仲間リリカル倶楽部の鍋スペイ教官がザゲとファイトしているところでつ。
 ま、ザゲ釣りはそういうことなんでつがこの流れを見ていて、ザゲでなく来春のつぁくらまつのつりにイメージを変えるわたしでつ。
 緩い流れのところ、浅い水深でもちょっと深いくくぼんでいるようなところにまつが停まるんじゃないかとか、ね。
スポンサーサイト

今年のナメ採りは面白くない

イーストビッグバード②
 画像は先週のEBBR、私がいつもイバナ釣りをする区間でつしかし、今の季節、中洲とかにある流木にナメは出ていて私はちょろいナメ採りもすることができるんでつが今年は意外とさっぱり見えないのでつ。毎年採りつけの斜面のアカベコもなんか寿命が来たのかぷちぷちっと噴出しただけでつした。ま、それでもナメが食いたくて一昨日は日中御用があったので朝早くEBBRには行かないで途中のがっちゃんでうろうろしたんですがそこはやはりナメ採り激戦区でことごとく取られた痕しかありませんでした。うーむ「ざむねん」と帰るところ帰りがけの車窓から、ムキタケらしきものが樹に引っ付いているのが見えたので車を止めて行ってみるとムキタケとナメがびっしりついていて、こりゃあラッキーこういうこともあるんだなのひになりましつた。ま、どうでもいいんでつが、EBBRの今年の紅葉はきれいだったな。

先週のEBBR

イーストビッグバード
 画像は鮭釣りの前の日に行ったイーストビッグバードリバーの情景です。いいですよやっぱEBBRは。ナメを採りに行ったんですがナメは小さく出がけでした。また、かなり過ぎてしまったのもあってなんか今年のEBBRのナメ採りは面白くない感じでつ。本日は朝仕事場にちょろっと行かなければならず、夜が明けても天気はいまいちなので、山へは行かないことにしようとしていまつ。

シャケ川シャケ釣り

シャケ川しゃけ釣り①
 ガメラEOSからの画像の取り込みがならずとりこみのソフトがいかれたようで困っていたんですがEOSでないカメラだとてきないのかと思い立ってやってみたら大丈夫でしたのでやっとシャケ釣りについてあっぷできましつた。
 イエィ~!ざげ川っ!ってところです。ドナイ川とざげ川の合流点です。わたしにとっては、ま、お付き合いの釣りなんですが結果的には5匹引っかかってあげたのは3匹、なんかつまんねぇなと感じてきて、時間満了3時間前に終了しておれの作るなめこじるより全然お口に合わないなめこ汁を食べさせてもらい自分のおいしい自分で作ったアサリぐはん弁当を食べお帰りになりましつた。
 後でまたちょっとシャケ釣りについてお話ししたいとおもいまつ。

シャケ川のシャケ

シャケ川しゃけ釣り②
 ま、やっぱりこのようなホッチャレが引っかかってくる。ま、口に引っかかるのもいるようですがこういう者たちは生命の終わりに食欲なんかなくやはり条件反射とかうるさいものを口で追い払うとかそんなもんなんじゃないでしょうかね。ま、これの前のアップの月光川のシャケもおんなじようなことで釣れてくるんでしょうが、魚のコンディション魅力は雲泥の差だということが一目瞭然だとおもいまつ。
 ま、もう、やっぱりかなり内陸の産卵場所でのシャケ釣りはやんないだろうな。

来週は久々の釣り

がっこ川のシャケ釣り
 来週はしさびさのしゃけつりでつ。ざげ川で釣りをすることになってまつ。すぺー窟親父商店メンバー貸し切りということで10人くらいの釣り仲間が集まるとのことで楽しみでつ。ま、魚はホッチャレまたはホッチャレ寸前なんでしょが、やりにいくことになってまつ。
 以前ざげ川のサケ釣りではボウズを食らっているので今回は釣らねばなるまいとはおもってまつ。
 画像は昔の月光川河口の鮭釣りの鮭で今は行われなくなったのですがあれは意外と楽しいつりでしつた。シャケのコンディションもよく良かったんですがメスは置いて行けという箕輪漁協はちょっと面白くないところでした。ま、オスはもっていけ。で河口付近の奴は荒巻を作れるくらいのイイヤツもいました。やっと水面直下に群れるオスにフライを噛みつかせ、掛け、釣りることができるようになったところでしつた。ちかち、釣るメソッドが見えてきた次の年から月光川の鮭釣りは行われないことになってしまって、以来私の考案の鮭釣り用ふりゃあ、あんどシステムは眠ったままになっていました。が、来週シャケでやってみる機会が出てきました。ま、河口とはシチュエーションがかなり違うと思いまつが通用するかどうか試すのもありかなとおもっていまつ。
 実は、私のウチの近くのシャギャァー川でも、今、シャケ釣りは行われていて毎度盛況のようなんですが釣法入り乱れの釣り場なんでどうも行く気になれません。今回のシャケリバーは親父んところで貸し切りにしたということで行く気になりましつた。

まつたけぐあんはやはりうまい

まつたけぐあん
 ちょっと前、採った舞茸を食うかとスペー窟親父に言ったら食うというのでひと塊上げました。もともと私とスペー窟親父はダンシング仲間なのですが、昨年あたりから親父はマツタケ採りにはまってダンシングに行っていなかったので私が多くとったので、ダンシング食べますかというと二つ返事でしつた。ということで後日親父がとったマツタケを今度は私がもらいましつた。すかさずマツタケご飯を作って食べたわけですが、しかしやはりキノコの大王マツタケご飯は格別でクソガキたちも大喜びでしつた。
 今年中にもう一度くらい食いたいと思い素人マツタケ山歩きもやってみましたが見つけるのは無理でした。そこで店に出ていた少し値が下がってきたカナダ産マツタケを買ってきて先日作ったのが画像のマツタケご飯重です。カナダ産はモノホン日本産より香りが弱いようですその香りをあまり殺さないよう昆布、油揚げ少々みりん白醤油で作った薄めの汁を先に炊き上げた固めのごはんに混ぜ合わせ、生のカナダ産を少し置いてからごはんにからめましつた。まあまあ期待どおりのまつたけぐあんができましつた。
 天気があまりよろしくなかったりで先週末も山にいかなかったな。

ダンシングも終わりです

がっちゃんの旧道
 先週も山をちょろっと歩いてみました。ダンシングは見つけられず、ナメタケはまだのようでした。ナメの芽はありましたが、歩いても苦労するだけで見返りは少ないだろうと早々に山から下りてズルオカの街で魚を買ってお家にかえりましつた。お家に帰ってからお家の近くのマツタケも出るという山にも上ってみましたがマツタケド素人の私はマツタケは見つけられずでしつた。山は800mあたりで紅葉たけなわとなってまつ画像はがっちゃんの旧道60里越えの一番標高が高いあたりの森の中の様子でつ。

蕎麦のはなし

そば
 江戸川単身赴任の作並の熊とのお話で最近蕎麦の話をしておったのですが、今年秋になってやっぱり穀物の生産が私の山形では著しく悪いようなのでつ。米も出ない。そして今、収穫がはじまった蕎麦も八月の豪雨ですこぶる悪い。今年の新蕎麦粉は高価格になるんじゃあないかと安ずるところでつ。国産の蕎麦の栽培流通が定着してから、安価ではあるが素性品質が怪しい中国産蕎麦を使う蕎麦屋さんは少なくなっていると聞くのですが今年あたりはそういう蕎麦も復活してきそうだな。
 画像は私の趣味の蕎麦打ちで、更科粉に5%ほど自分で石臼引き引きぐるみ粉を20メッシュの篩でふるったそば粉を混ぜ湯ごねにして仕上げたものでつ。少し透明感をもって星がいい具合に浮き出るようにしましつた。湯ごねにしたので張りのある口触りと星のせいでそばの肌がすこしざらざらしてつゆが程よくからみます。自分で食べたいそばを、蕎麦の品種を替えたり、そば粉のブレンド、はたまたつなぎ粉の配分、打ち方までいろいろ試して、自分で打って食べられるというのが何ともこの蕎麦打ちに凝ってよかったと思うところでつ。そろそろ新そばを打つ季節になりましつた。

秋鮭の季節

厚岸のシャケ
 いつの間にか今年も秋鮭の季節になってまつ。昨年は北海道の厚岸漁港でも秋鮭は不良でやっとオスをぎりぎり一匹買って食ったわけですが今年はオスメス一匹ずつ送ってもらいまして、いま食ってます。先にメスのイクラはギグシネェ女が好物なので勝手に造って平らげておりましつた。メスの身は三分の一サーモンふりゃあにして食べました。さて、そろそろオスのルイベを食うかつーころ合いでつ。今年は厚岸漁港もまだシャケは獲れているようで結構なことだなとおもっていまつ。
厚岸直売所http://www.a-uroko.or.jp/から送ってもらいましつた。厚岸町はウチの町と姉妹交流しているのでひいきにしていまつ。
 厚岸サーモンふりゃあはまいうでしつた。
カテゴリ
プロフィール
 私は50歳を過ぎてしまいました。  さて、19歳より始めたフライ釣りなんですが、それが、この歳になって、離れられないどころか、ますます、フライフィッシングの素敵さに誘われ、虜になってしまっています。  ま、そんなことなんですが、思えばけっこう釣りはしてきました。けれども自分は、まだまだ釣りをやっていたいです。  ま、これまでの私のブログ、フライ釣り依存猫男の釣り生活の続きというか、第弐巻ということでブログを新しくはじめました。   旧ブログについてはそのままにしてあります。初めてここにいらした方は 旧ブログもリンクから見ることが出来ます。 

FC2USER468637OIH

Author:FC2USER468637OIH
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
最新コメント
リンク