釣り日和ではあったんでつが

人気ポイント
 画像は実は、ま、この川のこの界隈での第二の人気ポイントでしょうな。アールマンさんが多いんですが風がフォローだったこともあって、ふりゃあで初めて入ってみました。普段はアールマンさんたちがぎっしり入っていてあまり空くことがないんですが、先だっての日曜日、やっぱりこの川でもまつは釣れていないのか一人しかこのランにいなかったので、「ようしたまにはしたしらべのため」と思い。十何年もこの界隈で釣りをしていてはじめてでつ。入ってみましつた。このランは長くゆうに200メートル以上ありまつ。スペー窟親父も自分で作ったばんぷぅのアールろっどで確か2年くらい前試しにここでやってまつを立て続けに三匹つったのでつ。時々親父は恐ろしいことをやってくれます。そういうものを持っているんでしょうな。
 しかしこのポイントは「やっぱりいい」とはじめてやっておもいましつた。「うーむ」とうなづけるものがありました。流れはゆっくり非常に緩く上流から下流に水が撒くことなくながれていました。よどみはないようでつ。水深はそんなに深いところもなくほぼ一定ですが川底は泥でなく砂利のようでつ。水通しがいいっていうのはこんな具合でしょうな。おそらくまつが川の底、水底の緩い起伏の凹部に停まるに最良の条件がここにはあると見れます。まつ共はこの下流の何本かに分かれた急瀬からこの長いプールに入りゆっくりするのだな。キット。ふりゃあではゆっくり沈むラインを使って、ゆっくりリトリーブしないと水底にふりゃあは沈着してしまいますが、そうやればまつはくるでしょうな。と、思いましつた。この時は私はガイドのインターのメインヘッドに2/3 3メーターのトップヘッドをつなぎちょうどだとおもいましつた。私もこれから、このポイントに空きがあるときは入ってみるべきだと非常に思いましつた。しかし、日曜日は絶好の釣り日和だったんでつが、釣れませんでしつた。やっぱ。
 話は変わりますが、鯛釣り名人はこの日河口の海で朝からスズキのアール釣りをやっていたら隣の釣り人が海ザグラ55センチを釣っていたといってました。10時ころ私んところには来たんですがラーメンを食って川では釣れそうもないとか思ってまたスズキ釣りに向かったそうですが、海界隈ではまつのバイトは結構あるようだといってましつた。ま、川もこれからだろうかのー。と思った先日でしつた。
スポンサーサイト

ちょっとつまらない連休

大増水
 ま連休は土曜日に現場でリリカルクラブの総会、次の日に釣りは期待したんでつが夜中に大雨が降って次の日の朝は大増水。ごたにごりでしつた。ごた濁り大本流にそそぐ濁りのない支流の合流でロッドを振るのはスペー窟おやじでつ。ま、お彼岸は殺生ごとをしないで「なまんだん」をやっていろということでしょうかね。ちなみに私んちの宗派は「なまんだん」でつ。どうでもいいことですが。なかなか、自然というフィールドにもスカッとした釣りをさせてもらえない春でつ。ま、休日といい状況があわないだけかもしれませんが。
 

スペイに付き合う猫

スペイ監督
 台所の窓から外を見るとそこにはこいつ。膨らんできた啓翁桜のつぼみが沢山ついた細い枝の束にミケが乗っていました。
 ミケを呼ぶと「なんだにゃ」つー感じで振り向きましつた。何をして、そんなところにのっているのかというと、私の高二のクソガキ倅にスペイをやらせようと一昨日から少し教え始めたのでつ。ま、そのうち親子スペイでもすっかという考えているわたしなのでしつた。
 家の裏の雪の上でスペイを練習している倅をミケが見つけ、どうやらスペイのラインにとびかかろうと雪の上が冷たいので気に乗って狙っているというのがこのバカ猫なのでつ。

まつは何処にいるのか

まつはどうなんだ
 ま、2日間またしても探り釣りのような釣行を朝から昼ころまでやってたわけですがどうも上のほうはまつの消息は薄いように感じられまつ。両羽漁協管内のポイントに集中的に釣り人が入っているポイントがありましたがその辺で釣れているんでしょうな。
 ま、もう少しまつの影が上のほうにもみられるようになってから自分の思う大場所、メジャーなポイントに入ろうとおもってまつ。
 これは週末の画像でつ雪がゆっくりゆっくり空から落ちてきている日でしつた。

こうゆう日こそまつが釣れるつー感じでつがね。

静かな雪の降る釣り場の朝
 まあ・・ね。釣りにはいってぃまつ。今日のあさ。
 さて、昼には切り上げて、一茶案本店でラーメンを食いましつた。
 そのあとしんじょのヨークタウン (どうでもいいことですがヨークタウンというと、大東亜戦争での日本連合艦隊の大惨敗のミッドウエー海戦の飛竜刺違えの、アイランド艦橋当時最新鋭航空母艦としか思い浮かばないんでつが、時代は変わって、イトーヨーカドウのせいで、ショッピングセンターイメージなってしまいましつた。)に行って今晩のオサエを探していたらここでも、「チャオハー ニャオ」とかいうおなご集団がいて、・・・「しんじょもやはりそうか」ってなもんでつ。どんだけ最近チーコクジンが山形県に入って院でつかね。はっきり言いますが「チューコク人多すぎ。」
 チューコク人女性。なでしこ女性と違って奥ゆかしい態度じゃないですよ。大声でチューコク語で主張するんでつょ

 奥ゆかしいなでしこママは、駆逐されますよ。実際。それがこれからの田舎町の姿に・・・・・つーように、なってほしくはないと、私は思いまつ。






一応長竿もふってみましつた。

今年の現場
 まあ、先日の日曜日の釣りですがお天気もよく風もなくふりゃあ釣り日和ってゆー感じで、気持ちよく竿が振れる状況だったので、私の最もヘビータックルの一つCNDの18フィートコンペティションロッドをつなぎ久々に振ってみました。ま、振り方は忘れてはいないようでつ。ま、なんとなくおそらく釣れないだろうな。なんていう心持でやり始めたものだから、あまり緊張度もありません。ま、せっかく来たんだし、すこしポイントの状況を探るためにもそっちこっちで流すためにあれこれ、竿を変えシンクレートを変えながら各々のポイント試し流しっていう釣行でしつた。今後少し水位が上がってまた下がった時が、本気でのねらい目かもしれないと、私はおもっていまつ。

並んで釣ってます
週末、昨日と釣りをやってたわけです。ま、私の場合まだダラダラモードでしつた。ぽつりぽつりとつれているらしいんですが私にはまだなんとなく・・・ツーところです。
 しかし現場は、人気のポイントは。さあさあさあさあ、アール小僧も老害ジジィも名人までもがずらずらずらりでつ。時々あら交じりでジッターやボンボンふりゃあジジィまで、ならんで並んでチャポンチャポン、ビシーッバシーッとやってました。そういうところに混じっていくのがいささか恥ずかしがり屋の私はこっそりとだれも入らない人気のない場所でシュパパンとふりゃあを投げたり、広いところでドッコイショ、ソーレと長竿を振ったりして、そのあと魚屋さんに行って魚を買ったりしていましつた。何はともあれはじまりましつた。
 昨年にも増していい加減釣り師になってしまっている私でしつた。

今シーズンもはじまりましつた

現場
 ま、画像は昨年の今頃のものでつ。荘内は私は最近行っていませんが、ま、昨年と同じような感じなんじゃないですかね。それほど雪も多くなく。解禁の昨日今日の私の釣りの友達からは釣ったという話はありませんでつ。今日は冬の戻りような朝となってまつ。
 さああて、まつはどの辺に来ているんでしょうね。まだあまり上までは来ていないようにかんじますが、解禁前に上に上っていってしまったやつもいるのかもしれません。

さああて明日2017年まつ釣り解禁でつ。

でかいまつ
 ザ、無念ながら明日は私はマツ釣りに行けません。仙台のルアーアンドフライ店(杜の家ブルックさん)の番頭さんの、一応私の学生時代の後輩の、アワジシマ下汁男さんが今年からフライで山形の川に入るから一緒にやろうと誘われたんでつが、私の諸事情多難で、いっしょに行けなくて残念なじょうきょうでつ。行きたいのは山川なんでつがね。ま、そうなんでつが、私が感じるには今年の解禁の今の状況は最高でしょうな。
 ま淡路島くん、グッドラック。朗報を仕事場でまってまつ。私は週末まで我慢しまつ。明日の朝私の道具(ウエルダー、とかペーターバッグ、小物グッズ)すべてを車に詰め込むのがささやかなたのしみでつ。
 さて、身辺いろいろと動きがあって、リリカルのメンバーでもある、最上貫目会の会長を務めていた工藤さんが最北中部漁協の組合長に就任されましつた。主な河川は最上川本合海付近白糸の滝付近まで、支流は銅山川、角川、土内川などのエリアでつ。釣り人だった人が内水面の漁協の漁協の組合長になるのも、時代の流れとなったのかもしれないとひとつお知らせしたいものでつ。特に、工藤さんはバリバリリバリバ、フライ釣りオンリーのフライマンでつ。角川でつぁくらまつもフライでつっているんでつよ。
 ま、ね、そんな工藤組合長がいうには、やはりそういう職柄についてしまったら当然川の経済事業・企画にまきこまれてしまうということでしつた。
 そんなことのしとつ「最上川船下り」。これで、さくらまつ行けない対岸サクラマス釣りポイントに船で釣り人を連れて行こう企画に引き釣り込まれているそうでつ。今年からやるそうですよ。魅力的な、車とか歩いてでも簡単に行けない最上峡の対岸ポイントに船で行けますよ。ツー企画でつ。皆様いかがでつか。
 渡し船で渡してもらえればそこはあなただけのポイントになりまつ。手を変え、道具を変え、他人に影響されずじっくりやれまつね。
 さ、画像のまつの思い出でつか。これはこいつをリリースするとき自撮りしたものでつ。
 私の父親が亡くなった次の年の春につぁくらまつ釣りを本気でやろうと思って買ったセージのダブハン竿。それでもってすーっと時がたってしまってから、釣れたつぁくらまつ。なぜこの時その竿を使ったのかいまさら20年以上たってからとか分厚いストーリーあるのでつが、このまつを釣ったとき、私の父親の顔を思い出してしまって、このまつは川に戻すことしか考えられなかったのです。シャツの袖の濡れなんかまったく気にならなく大切に緩い流れにひいていきまつを抱いた手を放しましつた。フレッシュランまつだったんでつが、鼻が曲がりかけているオスのまつでしつた。メジャーを張ると66センチでしつた。かなり引きましつたが意外と落ち着いてファイトできた一匹でつした。グッバイ。大まつの子供たちを残してもらう使命がチミにあるよ。でしつた。
 
 

山の中

ジャオウのブナ林
 ジャオウのリフトに乗っての情景でつ。ここはダイヤモンドバレーのリフトでつ、ブナの枝についた霧氷でつ。さすが標高も高く寒いところ、枝の霧氷も太くついてまつ。山形の平地は春めいた朝になっていましたが、山の奥、山の中はまだまだやっぱりこんな情景なんだとあらためて思います。
カテゴリ
プロフィール
 私は50歳を過ぎてしまいました。  さて、19歳より始めたフライ釣りなんですが、それが、この歳になって、離れられないどころか、ますます、フライフィッシングの素敵さに誘われ、虜になってしまっています。  ま、そんなことなんですが、思えばけっこう釣りはしてきました。けれども自分は、まだまだ釣りをやっていたいです。  ま、これまでの私のブログ、フライ釣り依存猫男の釣り生活の続きというか、第弐巻ということでブログを新しくはじめました。   旧ブログについてはそのままにしてあります。初めてここにいらした方は 旧ブログもリンクから見ることが出来ます。 

FC2USER468637OIH

Author:FC2USER468637OIH
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
最新コメント
リンク